カルニチンの効果
2022/11/15

カルニチンの効果

カルニチンの効果とは!?
カルニチンは必須アミノ酸であるメチオニンとリジンを原料として作られ、アミノ酸と似た構造を持っていますが、正確にはアミノ酸ではありません。体内中の組織に存在し、特に筋肉組織に多く含まれています。カルニチンが不足すると、細胞内に脂肪の過剰な蓄積が起こる事があります。

カルニチンが重要な理由としては、脂肪酸を燃焼してエネルギーを作り出す過程に必要である事が挙げられています。細胞内で脂肪酸はミトコンドリアと言う器官で代謝され、そのミトコンドリア内に脂肪酸を運ぶ働きを持っています。このことから、カルニチンの摂取により、脂肪燃焼を促進して運動時のエネルギー生産を上げたり、筋肉疲労を軽減するなどの効果にも期待ができます。

また、肥満による体重増加の抑制、心臓機能の改善などの報告もあります。

カルニチンの機能
カルニチンはエネルギー生産において重要な役割を果たしていて、カルニチンは長鎖脂肪酸をミトコンドリア内に運搬し、酸化することでエネルギー生産しています。
さらにカルニチンは、生成された有毒な物質をミトコンドリアの外に運び出し、蓄積するのを防いでくれます。

#ジム#パーソナルトレーニング#パーソナル#トレーニング#パーソナルジム#ダイエット#くびれ#ボディーメイク#ボディメイク#筋膜リリース#肩こり#むくみ#腰痛#肩甲骨#セルライト#姿勢改善#バストアップ#ブライダル#美乳#美尻#美脚#脚痩せ#足痩せ#健康#東京#パーソナル体験#カウンセリング#無料#学割#小顔#整体#猫背#反り腰#骨盤矯正#ストレッチ