コラーゲンは美容に良い?
2022/04/19

コラーゲンは美容に良い?

コラーゲンといえば美容のイメージがあると思いますがコラーゲンはタンパク質の一種で、皮膚、血管、骨、歯、腱、軟骨などあらゆる組織の構成に関与しています。その中の全コラーゲン量の40%は皮膚に、20%は軟骨に存在している、その他血管や内臓など全身に広く分布されています。

コラーゲンの代謝は20歳前後を境にして衰えていきます。皮膚はコラーゲンの含まれている量が多いので代謝の衰えによる影響を受けやすいのです。具体的にはハリがなくなってきたり瑞々しさがなくなってきたりといった原因の一因になります。

また、骨と言えばカルシウムというイメージがありますがコラーゲンも骨の内部に網目状に張り巡らされていて、ビルに例えれば鉄筋のような役割をしていてコンクリートであるカルシウムやリンをしっかり繋ぎ止めているので、代謝が衰えてコラーゲンが古くなると、接着力が弱くなり補給したカルシウムも骨に定着しにくくなります!

実際にコラーゲンが美容効果や骨や軟骨に影響を与えるのか!?

コラーゲン摂取を続けることで、肌のハリやみずみずしさが出てきたというのは良く耳にしますが、実際に健常成人女性39名(20〜30歳)を対象とした実験でコラーゲン加水分解物1200mgを60日間毎日摂取して皮膚の保湿能力を調べたところ特に変化はなかったという報告もあるようです!

人に対してコラーゲンの経口摂取についての有用な結果について書かれたものはほとんどない、というのが現状のようです。ただ、メーカーなどの発表しているコラーゲンの推奨摂取量は1日5gなので推奨量どおり摂取すれば効果がある可能性も存在しないわけでもないとも言えるかもしれません。